臨時記号・調号について

【臨時記号】

臨時記号は楽譜を読む上でとても大切になります。

以下の記号について動画で解説していきます♪

 

 

 

 

 

【調号】

調号はその名のとおり、
曲の調を示す記号です。

 

「調」があることで、曲の雰囲気が

明るく感じたり、逆に暗く感じたりと

色んな雰囲気を感じ取ることができます。

 

♯シャープの場合は
→ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ

 

鍵盤で確認しよう!音も覚えてね!

 

 

♭フラットの場合は
→シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ

鍵盤で確認しよう!音も覚えてね!

の順番に調号がつきます。

調号がわからないと
「この曲はファに#がつくんだ!」
「楽譜に♭が2つあるからシとミにつく」

といった

曲に必要な音の場所が
理解できず、練習につながりません。。。

 

だからこそ

楽譜に書いてある調号を見つつ

鍵盤と照らし合わせて覚えていきましょう。

 

では、詳しくみていこう!

 

シャープ♯、フラット♭とは?

シャープとは、音の高さを半音上げる記号です。

逆にフラットは、音の高さを半音下げる記号です。

では

【第1問】

この調号を見て、まずはどこにシャープ♯がつきますか?

答えは…

ファ♯の場所を鍵盤で確認しよう!

 

【第2問】

これはどの音ににシャープがつきますか?

答えは…

 

では、ファ♯とド♯の場所を確認しよう!

 

!ポイント!

曲の始めにこのファ♯ド♯などの調号がついていた場合、
その音は全て“シャープ”をつけて演奏します。

※フラット♭の場合も同様です。

 

続いてフラットの問題。

フラットは、音の高さを半音下げる記号でしたね。

ではやってみよう!

 

【第3問】

これはどの音ににフラットがつきますか?

答えは…

シのフラットにつきます!

鍵盤で確認しよう!

 

【第4問】

これはどの音ににフラットがつきますか?

答えは!

シとミにフラットがつきます!

こちらもきちんと鍵盤で確認しましょう!

 

大切なことは

楽譜に書いてある調号と
ピアノの鍵盤の位置を照らし合わせて理解すること。
楽譜を見つつ音を鳴らして
アウトプットすることで定着力が高まります。
いきなり全てを理解するのが難しい方は
実際に弾く曲を練習しながら進めていきましょう♪
タイトルとURLをコピーしました