【必見】ピアノが上達する人の練習法

るんブログ

こんにちは!
ピアノサポーターのるんです♪

 

 

「毎日練習しているのに
どうして両手で上手く弾けないんだろう…」

 

「何回弾いてもミスしちゃう」

 

 

こんな悩みを持っている方
いませんか?

 

それ、もしかしたら

 

ただ〝弾いてるだけ〟の
意味のない練習になっているのかも…。

練習の仕方によっては

 

全然弾けるようにならないし
場合によっては手を痛めてしまうことも。。。

 

 

 

 

このままだと

頑張って練習していても
毎日弾いていたとしても

 

全て無駄になってしまいます。

 

さらに
「いつまでに弾けるようにならないといけない!」
という曲が弾けるまでの
期限がある人は

 

 

曲が完成しない!
という可能性も十分にあります。

 

このままだと
せっかくの練習時間を
無駄にしてしまいますよね…。

 

 

なので、今回は
『上手になるための練習ポイント』
紹介します!

 

正しいピアノの練習法を
覚えてしまえば

 

無駄のない、
効率的な練習を行うことができます。

そうすることで
一日の練習の質があがります。

 

また、
・今日はどこを練習するのか
・楽譜は自分に合っているのか

 

こういった小さなことから
見直していくことで

ピアノの上達度はグーンとあがります。

 

ピアノが弾けるようになれば

職場で弾かないといけない時も
自信をもって弾けるようになりますし、

 

なにより、子どもたちと楽しんで弾く
余裕が生まれます♪

だからこそ
今の現状を変えて
ピアノが上達したい方は

 

最後まで読んでいってくださいね♪

 

それでは、行きましょう!

 

〝ただ弾いてる練習〟がNGな理由

 

まず、この練習のデメリットとして
いくつかあげてみると…

 

  • たくさん練習してもなかなか上手くならない
  • 時間の効率が悪い
  • 弾けてる所と弾けない所の把握ができない

 

だから何回弾いても
同じところでつまづいたり、先に進まないんです…。

つまり目的もなく
何も考えずに弾いちゃってるんですね。

 

これじゃあ
練習にはなってないということになります…

 

だからこそ!

 

ピアノ練習の方法として、

『目標・練習部分・時間』を決めて行う

 

これらが重要になってきます。

 

目標を決めるメリット

  • 目標があることで、今すべき練習法が明確になる
  • 日々の練習のやる気につながる
  • 曲が弾けたときの達成感を感じられる

 

目標というゴールがあると、練習スピードが上がるんです!

 

練習部分を決めるメリット

  • 曲を区切ることで、内容の濃い部分練習になる
  • 効率よく練習できる
  • 得意、不得意の部分が見えてくる

 

特に練習はじめたばかりの時期は、
部分練習しないと弾けるようにならないです!

 

 

時間を決めるメリット

  • 短時間でも集中して練習できる
  • 時間を定めることで、練習意欲が高まる
  • 同じ時間帯で練習する習慣がつく

このようなメリットがたくさんあります!

 

ちなみに、
私もこれら全ての方法を実践して
毎日練習しています♪

 

さあ、つぎはあなたの番です!

 

ここまで読んで行動に移さないのは
逆にもったいないです。

 

 

これらのことをずっと
後回しにしていては、

 

 

いつまで経っても
ピアノが上手く弾けるようには
なりません。

 

だからこそ
1日でも早く上達して弾けるように

 

今すぐ行動しましょう!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました