【やれば変わる】ピアノ苦手…と諦めかけているあなたへ

るんブログ

こんにちは!
ピアノサポーターのるんです!

今回は

『ピアノの練習離れ対策』について
話していきます。

 

 

皆さんはピアノ練習って聞くとどんなイメージですか?

「地道、キツイ、楽しくない…」と言う声が聞こえてきそうですが、

 

 

そんな方でも
この記事を最後まで読んで

 

 

ピアノ苦手から解放されて
楽に練習を続けることができ

 

嫌なピアノ練習のイメージを
克服してピアノが弾けるようになれます。

ピアノの練習方法を
理解することで、

 

確実に上手になって
ピアノできない悩みもなくなります!

 

ピアノがスラスラ弾けるようになれば

 

人前でで自信をもって弾くことや
弾いてみたかった曲にチャレンジ!

 

 

子どもたちの前でも堂々と弾く事が
出来ちゃいます。

 

さらには、

 

複数の曲をたくさん弾けるようになり

先生や子どもたちにも

 

「ピアノが弾ける保育士さん♪」

と羨ましがられる

 

 

なんてことも夢じゃありませんね☺

 

逆にこの記事を読まずに
画面を閉じてしまったら、

 

 

一生ピアノが弾けない保育士として
過ごすことになります。

 

また、
この先も弾けずにいることで

 

  • ピアノ練習=嫌なこと というマイナスなイメージ
  • 子どもたちと一緒に音楽ができない

 

「ピアノが全く弾けない保育士さん」という悲しい結末に。

 

 

…なんてことにもなりかねません。

 

こんな結末になりたくない方は
最後まで読んで理解してくださいね!

 

ピアノができないわけじゃない

まず、ピアノは
やれば弾けるようになるものです。

 

ピアノの椅子にすわって、正しい練習をすれば
誰でもひけるようになれます。

そしてピアノが弾けるためにも

1つだけ知っておいてほしいことがあります。

 

それは

ピアノが弾けてる人も「練習している」ということ

 

よく相談で、
「両手ですぐ弾ける練習法を教えてください」

 

という質問がありますが

実際のところ
すぐに曲が弾ける方法は存在しません。

 

このことを理解した上で
これからピアノができる方法をみていきましょう。

 

苦手意識をなくそう

では、

苦手意識を無くすために
どう練習したらいいのか。

 

それは

簡単で短い曲を弾くこと

 

「私もピアノできるんだ!」という
小さな成功体験を積んでいくことが大切です♪

 

 

ピアノが弾きたくない原因としては

  • 上手く弾けない
  • 楽譜が読めない
  • 練習時間がかかる

このようなことが挙げられます。

 

 

それを解決するにはどうすればいいのか。

 

それは
正しく練習すること。

 

具体的な方法としては

  • 片手練習
  • 両手練習
  • 左右それぞれのメロディーをうたってみる
  • 楽譜を少しづつ進めていく

このような練習がオススメです♪

 

正しく練習を進めていくことで

苦手意識が減って
確実にピアノが弾けるようになっていきます。

 

しかし、このまま行動に移さず
練習をほったらかしては

 

本当にいつまでもピアノ弾けないままで
ずっと現状からは抜け出せません。

だからこそ、今から
良い方向に向かって動き出しましょう!

では、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました