【3歳~5歳】幼児合奏指導のしかた

幼児教育
Bird eye view of Cute little Asian 18 months / 1 year old baby boy child hold sticks & plays a musical instrument colorful wooden toy xylophone, Educational toy for kids and toddlers concept

最近、幼稚園や保育園での歌・ピアニカ・合奏などの音楽活動が本格的な園が増えたと感じます~。
私自身子どもたちに音楽指導をしているので、今回は合奏指導をする方へ、保育士の方も含めて参考にしてもらえたらと思います。

 

合奏に必要な楽器は?

園によって取り組み方は様々だと思うので、どれくらいの楽器の種類が必要かはわかりませんが、私が実際に使っている楽器を紹介します。

鍵盤楽器
キーボード(いろんな楽器音に変更できるもの)
低音専用キーボード(低い音が主にでます)

打楽器
ドラム,木琴,鉄琴,ボンゴ,トムトム,ティンパニー

小物類(打楽器)
タンバリン,カスタネット,マラカス,シェイカー,ウィンドチャイム,ウッドブロック,カバサ,クラベス,アゴゴなど..
分からない楽器はネットで調べると出て来るので、チェックしてみてください。

楽器ってどれくらい必要?

私の指導した園は1クラス15人ほどで
        • 鍵盤楽器8台
        • 低音専用キーボード1台
        • 打楽器…上記でお伝えした楽器それぞれ1つずつ
少人数なのでこれくらいで十分な合奏ができます。

どうやって指導するの?

①CDや音源で演奏する曲を聴く

練習に取り掛かる前段階で、曲を原曲でもいいので聴きます
曲を子どもたちの耳に慣れさせることで、自然とフレーズが耳に残っていきます。
私は食事中のBGMや合奏の始まる前など、一定の時間に聴かせています。

②楽器に触れてみる

はじめて合奏をスタートする場合

  • いろんな楽器に触れること…<基本的な弾き方を知る>
  • 体や声でリズム遊びをする…<リズム感覚を養う>
  • 音階(ドレミファソラシド)を楽しみながら知ること<音階の理解>

これらを習得していきながら、合奏に入ります。
この習得も継続することで、少しずつ自然と理解していきます。

<リズム打ち>~リズム感覚を養う~

「たん」…手拍子でやってみます

「うん」…両手をグーにする

 

③演奏曲を練習してみる!

ある程度リズムや音階が理解できてきたら、実際に楽器で練習してみます。
いきなりみんなで合わせることはできないので、個々に教えていきます

〇鍵盤楽器:音階を歌いつつ+一緒に弾いて教える。※フレーズごとに弾く
たとえば
きらきら星だったら
「ドドソソララソー」を1フレーズとして、子どもの弾く手と一緒に弾きます。
ポイントは少しづつ区切って教えること
始めのうちは1音ずつでもいいので、短く区切って何度も繰り返します
〇低音のキーボード:ピアノ譜の左手の音を弾く!
低音はその名の通り、低い音が重要なので
きらきら星だと、左手で弾く「ドードードード」の部分を使います。

鍵盤楽器ができたら打楽器を教えよう!

鍵盤楽器の子が、自分で弾けるようになってきたら打楽器を弾く子を教えます。

※指導できる方が複数いる所は、
鍵盤担当の先生・打楽器担当の先生を振り分けて練習できるかと思います。

また打楽器は大太鼓やドラムを曲のベースとして使っています。

一定のリズムを刻む打楽器は、メトロノームやキーボード機能のテンポを使って、
リズムを自然と正確に覚えていくことができます。

たん…太鼓を鳴らす
うん…休符(休み)

きらきら星くらいの簡単な曲であれば、太鼓のリズムはこのくらいで十分です。

毎日少しずつでも継続できたら結果がでてくると思います!!

 

おすすめ合奏曲(実際に演奏した曲も含む)

3歳児
♪きらきら星
♪ちびまる子ちゃんメドレー
♪パプリカ
♪ミッキーマウスマーチ+くまのプーさん

4歳児
♪ホールニューワールド
♪ジュピター(木星)
♪人生のメリーゴーランド
♪君の瞳に恋してる

5歳
♪RPG
♪HANABI(ミスチル)
♪全力少年
♪銀河鉄道999
♪ルパン三世のテーマ
♪Pretender
♪Dynamite



コメント

タイトルとURLをコピーしました