両手で弾けるようになりたい!

るんブログ

こんにちは!
ピアノサポーターのるんです♪

 

みなさんは、
ピアノが弾けるようになる練習方法
どんな方法があるか知っていますか?


好きな曲をピアノでひけたらなぁ…

と思いつつ

どうやったら確実に弾けるようになるか
知らない方もいるのでは
ないでしょうか?

これを知らないと、

さぁピアノ弾けるようになるぞ!

と意気込み、

 

時間と労力をかけて

ピアノの練習をして

曲完成を目指しても

 

なかなか両手で弾けるようにならず…

 

結局、
ピアノが弾ける人って、才能ないと無理かな。

練習しても無駄な気がする。

 

いままでの頑張りは何のためだったんだ…

とピアノを弾く事を辞めてしまう。

 

 

職場でもピアノが弾けないので
弾ける先生が羨ましく見える…

 

そして
子どもたちと一緒に音楽を楽しめない…

なんて最悪な未来になりかねません。

 

 

逆に今回の内容を理解することで


自分の力でピアノが弾ける
方法がわかります。

 

自分が弾きたいピアノ曲を

選択できるくらい

たくさんの曲が弾けるようになり

 

職場でのピアノの悩みも解消!

より働きやすくなります。

 

自分の弾きたい曲を
子どもたちとも歌えるようになるので

 

子どもたちと楽しめる環境もできて

なにより、練習の仕方に悩まなくなります。

 

 

そんなピアノが弾ける生活に変えるためにも

今回の記事は必ず最後まで

読んでくださいね♪

 

両手で弾けるためには

ピアノを両手で弾けるための前提として

・楽譜がよめること
・鍵盤の位置がわかること

これは必ず理解しておく必要があります。

 

練習として具体的には、

  • 片手練習からはじめる
  • メトロノームを使ってゆっくり練習

1つずつ見ていきますね。

 

 

片手練習からはじめる

いきなり両手で弾くことは難しいので
まずは、片手練習から入ります。

 

片手がある程度弾けるようになってきたら
両手練習も合わせていきます。


ただ、練習の頻度や弾き方、曲のレベルによっては
片手の完成に時間がかかってしまったり

 

難しくて片手でさえ、思うように弾けない。
という可能性も出てきます。

 

メトロノームを使ってゆっくり練習

Metronome

リズムや拍を感じて弾くのが苦手…

 

という方には、メトロノームを使うことが
おすすめです。

 

メトロノームを使うことで
ゆっくり一定のテンポで弾きながら

 

確実に正しくメロディーを
覚えることができます!

 

実際にメトロノームの〝刻み〟が
あることで、

 

慣れてくると
自分の好きな速さに変えて、弾けることができます!

 

ただ、練習を始めたらすぐに
出来るようになるというわけではなく

 

継続的に練習をしていく中で
身につけていくことになります。

 

どんなスキルが必要?

両手で弾けるためには

  • 楽譜がよめる
  • 鍵盤の場所がわかる

これらは必要になってきます。

 

ピアノが弾けるようになるには
ただ弾く事だけではなく

 

楽譜・鍵盤の理解と練習の継続

これらが必要となります。

 

しかし、

ただ単に練習を続けたところで

 

自分にとって必要な練習方法が
できていないと
上手くはなりません。

 

だからこそ
レッスンで、自分のできてない所や
分からないことを教えてもらうこと。

 

ここがポイントになってきます!

 

頑張っていきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました